海女叔母さんとチョメチョメ

仕事の都合で10歳まで過ごした離島に帰る事になった青年・早坂進一。
そこには叔父と、叔母である大野真理子が進一を実の息子の様に優しく、温かく迎えてくれた。
ただ、昔と違う事が一つ。
進一もまた、成長して性欲旺盛な若者になっており、今、叔母を見るとどうしても欲情せずにはいられないという事だった。
その上、叔母が海女となっており、身に着ける衣装が非常にエロい。
大胆というより、殆ど何も着ていない下着一枚のような状態。既に結婚していて、歳相応な叔母だったが、非常に肉体は美しく、豊満な胸と良い、見ているだけで進一は欲情してしまう……。
そんな彼女を叔母としてではなく、女として意識してしまう進一。
叔父さんに悪いとは思いつつも、真理子に猛烈アタックしてしまう。叔父さんとご無沙汰だったのに加え、若い進一の身体に惹かれ、拒否しつつも徐々に進一の事を受け入れてしまう真理子。
海で、家で、叔父さんが寝ている横で愛し合い、二人はどんどんと大胆に、行為もエスカレートしていく。そんな二人の関係は泊まる事を知らない。果たして――?
借金 相談 栃木県